E-mail:mshrks@outlook.jp
マサヒロのプロフィール写真
栄養療法カウンセラー
岸正浩

≪ プロフィール ≫

考え方

私は自身の健康問題に取り組む中で以下のように考えるようになりました。私の健康問題への取組みのフレームワークであり、治療の費用対効果を最大にするためのものです。健康問題に取り組んでおられる方に、ご参考にしていただければさいわいです。

1.健康問題に取り組む覚悟を決める

・自殺の理由第一位は健康問題。健康問題は社会問題として重要
・元気があれば何でもできる。言い方を変えれば、元気がなければ何もできない
・健康問題に向き合う覚悟を持つことが必要。できることをなんでもする
・自分の問題にしっかり向き合う。次に、その経験を人の役に立てる

2.根本原因を追究する

・根本原因を追究することが、再発を予防し、費用対効果を高める
・検査をして、結果を受けて、治療する、それだけ
・複数の検査を最初に受けて症状の根本原因を総合的に診断する
・検査は重要な指標。客観的な評価が治療の費用対効果を上げる
・栄養素の吸収や利用を阻害している原因を追及していくことが最重要
・サプリメントが効かない原因を考える

3.医療ビジネスを把握する

・クリニックは、薬とサプリを継続的に売って収益を上げている
・医療の世界もビジネスで回っている。その事実を頭に入れておく
・医者のメリット(ビジネス)と患者のメリット(健康回復)は合致しない

4.自分で自分の主治医になる

・信頼できるのは、患者のメリットを考えてくれる医者と、あとは自分
・勉強することで、何が対症療法で、何が根本原因か、治療の優先順位がわかる
・勉強することで盲目の不安感から解放され、自分で治療を考えられるようになる
・セルフメディケーションの意識を持つ。そのための勉強をする

5.自然治癒力を最大化する

・いいものを摂る、の前に、悪いものを体に入れない
・人体の仕組みは人智を超えている
・栄養素を入れてコントロールしようとしても限界がある
・悪いものを体に入れず、自然治癒力の働きを邪魔しないようにすることが重要

6.重金属の毒性を理解する

・すべての病気、病態、病弊の根本原因はミネラル欠乏である
・有害ミネラルの蓄積は、必須ミネラルのバランスを崩す
・有害ミネラルは諸悪の根源。その毒性を勉強することが大事
・ローマ帝国は鉛で滅んだ史実を知る
・誰もが少しずつ重金属を体に入れている。違うのは個々の排泄能力。
・重金属の排泄能力を高めるために腸の状態を整えておく
・重金属の排泄方法について勉強する

7.栄養素をバランスよく摂取する

・基本は日常の食習慣
・食品添加物を避け、糖質やカフェインを控え、油脂を変える
・食物繊維を多く摂取する
・栄養素は摂り過ぎても、不足し過ぎてもダメ
・特定の栄養素に偏るのではなく、バランスよく摂る
・バランスがとても重要。「○○主義」などという思考停止状態は危険
・サプリメントは効率の道具。バランスは悪い
・サプリメントは基本おっかなびっくり摂るべきもの